↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
北海道開拓の村関連リンク



     

入場口・馬車鉄道

北海道開拓の村入場口

新札幌駅から開拓の村行きのバスに乗ると、バスは開拓の村入場口の前に到着する。入場口の建物はかつての札幌停車場(2017/08/13)

馬車鉄道

入場口から入ってすぐ、市街地群の並木道の始まるあたりに馬車鉄道の乗り場がある。1両だけの客車が停まっており、「動力」の道産子馬は出発時刻直前に登場する。(2017/08/13)

馬車鉄道乗り場より終端側にも線路が伸びているのが興味深い。道路からそれた芝生にて線路がぷっつり途切れている(写真左)。かつてはここに何かあったのかな?(2017/08/13)

線路は市街地群の区間はずっと複線が続く、乗り場を出るとすぐに上下線に分かれるポイント(写真左)がある。(2017/08/13)

白い道産子馬が客車につながれて、のんびりと馬車出発。車掌のお姉さんの声がアニメの声優っぽかった。(2017/08/13)

園内をのんびり走る馬車鉄道の客車を、沿線から撮影。(2017/08/13)

派出所(旧札幌警察署 南一条巡査派出所)のそばで馬車が行きかう風景。(2017/08/13)

市街地群の並木道を抜けたところで、複線区間終了。(2017/08/13)

園内を行く馬車鉄道

単線区間を市街地群方面へとのんびりと走る馬車鉄道の様子。(2017/08/13)

旧ソーケシュオマベツ駅逓所のあるあたりが終点。思いの他に雨が強く振り出してきてしまったので、馬車鉄道を降りて傘を借りて園内を散歩した。(2017/08/13)

終点側も乗り場の先にさらに線路が続き、その先は道路を外れて車庫と思われる建物へと続いている。(2017/08/13)

森林鉄道機関庫

森林鉄道機関庫

園内の「山村群」という林で囲まれたエリアにあった森林鉄道の機関庫。馬車鉄道の違ってこちらは静態保存だが、車庫から短い区間線路も敷かれていた。大正時代、木材搬出のために敷設されたの森林鉄道の一つを展示している。(2017/08/13)

園内の建物

旧浦河支庁庁舎

ここから園内にある建物の数々を。北海道庁が支庁制度を設けたときに置かれた支庁の一つで、大正8年に建築された支庁の建物。館内には迎賓馬車(写真左)などの当時をしのばせる展示物が並んでいた。(2017/08/13)

旧小樽新聞社

道内の代表的新聞社の一つ。館内では当時(?)の活版印刷用の活字が所狭しと並べられ、自分の名刺を作る体験コーナーや、印刷機の操作体験コーナー(写真左)などがあった。(2017/08/13)

旧近藤医院

明治33年建てられた病院。部屋の中には生々しい手術台(写真左)も見られた。(2017/08/13)

旧田村家北誠館蚕種製造所

蚕の卵(蚕種)をとる建物。中では蚕の飼育から育った繭より絹糸を取るまでの様子が人形を使って展示されていた。(2017/08/13)

旧広瀬写真館

大正末期から昭和33年まで岩見沢市街で営業していたという写真館。館内では当時の衣装を着ての写真撮影コーナーがあった。(2017/08/13)


トピックス・北海道開拓の村